プロフィール

椙原あやめ のプロフィール


※アクアラインマラソン2018(ハーフ)にて。

読み方

  • すぎはら あやめ

略歴

  • 1972年 兵庫県尼崎市出身。関西で就職した後、東京15年、のち転勤族と結婚して現在は神奈川県都筑区在住。
  • 四天王寺高等学校、大阪工業大学短期大学部建築学科卒業
  • 株式会社類設計室(2年半)、少人数の設計事務所(8年)、日建設計マネジメントソリューションズ株式会社(現在は、株式会社日建設計と合併。2年半、業務委託)、宇津建築設計事務所(2年半、業務委託)、倉田裕之/建築・計画事務所にて建築設計、現場監理業務に従事。
  • 公共建築から個人住宅、店舗や動物病院の内装スケルトンリフォームまで経験あり。
  • 家具の設計、取扱い説明書の作成、ウェブサイトの商品画像データ制作を行う。

所有資格

  • 一級建築士

取材ライターの仕事を始めたきっかけ

現在は建築士から取材ライターのお仕事がメインになっています。そのきっかけや経緯をお話します。

きっかけはブログ

転勤族のである夫と結婚し、初めての地方転勤(北海道帯広市)の際に、ブログを始めました。

転勤族妻の根無し草日記 (当時はブログタイトルに@北海道帯広市が入っていました)

そのブログを見てくれたすでにライターとして活躍している人が、旅行ガイドサイトに寄稿しない?と誘ってくれたのがきっかけです。

ただ、当初はすでに設計事務所として独立していたので、記事をたくさん書くことはできませんでしたが、まずは副業からスタートしました。

建築士としての働き方に悩む

一級建築士として、2013年(平成25年)3月に登録。開業しました。

ただ、地方ではパート通勤さえ車通勤が必要(=車がもう1台必要)、都会では通勤時間が長く子育てとの両立が難しく、リモート勤務を交渉するにも会社の制度を変えてもらうのは大変な労力が必要でした。

ライターとしての仕事の増加

そんな建築士としての働き方や、これからの地方転勤に備えて、在宅フリーランスという働き方を軌道に乗せたいと考えていたところ、ライターとしてマラソンにチャレンジしたり、物づくりの取材をさせてもらったりすることで、お仕事が増えていきました。

仕事が多数いただけるようになり、2019年1月に専業ライターになりました。

わたしの暮らしと特徴

  • 全国転勤族の妻。東京都→北海道帯広市→神奈川県横浜市都筑区
  • 引越し歴10回
  • 東京で月3万円の風呂なしトイレ共同・4畳半一間のアパートから、一戸建てまで。そして中華人民共和国・瀋陽駐在時代では高級マンションも。さまざまな賃貸物件の居住経験あり。
  • 2014年生まれの子どもが一人います。

個人ページ

無類のSNS好きなので、企業のSNS管理のお仕事お待ちしております!

このサイトについて

ワードプレスのテーマ

サーバー